ものづくり補助金(平成30年9月募集分対応)

今回ご紹介する制度は、『ものづくり補助金』という、設備投資や商品・サービスの開発の際に、1社あたり最大3000万円程度補助してもらえる制度です(補助金額は年により変わります)。

補助金額

企業間データ活用型
  • 補助金額 100~1000万
  • 補助率 3分の2
一般型
  • 補助金額 100~1000万
  • 補助率 2分の1(要件を満たすと3分の2)
小規模型
  • 補助金額 100~500万
  • 補助率 2分の1(小規模事業者)

必要書類

  • 事業計画書
  • 認定支援機関確認書
  • 決算書
  • 定款もしくは登記事項証明書
  • 会社パンフレット等(労働者名簿でも可)

審査項目

  • 補助対象事業としての適格性
  • 技術の適格性
    • 革新的な開発か
    • 達成の基準が明確か
    • 課題解決の方法・プロセスが明確か
    • 体制・技術的能力が適切か
  • 事業化の適格性
    • 財務状況が十分か
    • 市場規模等が明確か
    • 事業化プロセスが適切か
    • 費用対効果は適切か
  • 政策的な有効性
    • 地域経済と雇用の創出につながるか
    • 金融機関からの十分な資金調達ができるか
    • 経営資源の蓄積につながるか

執筆者紹介

私立開成中学・高校卒
私立上智大学法学部・法学研究科卒

広告代理店・経営コンサルティング会社を経て独立。法律系・広告系・教育系など、幅広い分野で大手企業の事業を指導。

主な実績として、官公庁の広告類や就業ルール改定、大手製造業の見える化など。大手学習塾や社会保険労務士法人における役員・業務改善責任者・現場責任者などの経験もある。

プライベートでは、ポーカーにおいて、国内の大きい大会で準優勝、国際大会にも複数出場、オンラインで65段階中最高のレイティングを獲得などの実績がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする